掛け持ちヲタクのひとりごと

ダブルしょうくんのヲタク

一年前の15日

ちょうど一年前のこの日わたしが初めて関ジャニ∞のLIVEに行き関ジャニ∞の沼にはまり安田章大を好きになった日でした。

参戦するまでは実はにわか中のにわかで今思えばこんな状態でよく参戦しようと思えたなっていうぐらいのレベルでした。

友達の友達にチケット譲ってもらっていったのですが私も一緒に行った子も関ジャニ∞のもう一つの”顔”を知らない状態で行ったのでもう初っ端から度肝抜かれまくりでした。

そのツアーについては以前思う存分語ったので今日はそれから一年後の現在の心境について気がすむまで語ろうかなと

 

ざっくり説明すると私はこの通り沼にずぶずぶに抜け出せないぐらいにはまりました。

友達はというともう私と同じぐらいずぶずぶにはまって毎日すばる君すばる君って日々脳内渋谷すばるで埋め尽くされてます、笑

一回のコンサートでこれほど抜け出せなくなるまでに溺れさせる関ジャニ∞恐ろしい、、、

実際メトロックきっかけに関ジャニの魅力に気づきそこから私と友達のような沼にはまった人たくさん見てきましたもん、

関ジャニ∞ってグループはつくづく凄いな〜

自分が関ジャニ∞、そして安田章大に堕ちた理由はやっぱり普段とのギャップが一番の理由だなって改めて思いました。

エイタメはじまってじわじわと沼にはまりつつありましたが関ジャニ∞に完璧に堕ちたと実感した瞬間はエイタメのバンドでした。

東京をあれだけdisる歌を力強く歌ってる関ジャニ∞を見て体全身に電気がビリビリって駆け抜けるというか痺れる感覚に陥りました。さらに象を聞いた時LIVEでここまで引きつけられる曲にであったのは初めてだと思いました。自分の好きだったグループの曲を上回る興奮になってとにかくはじめての感覚でした。また、そこで安田章大の沼に入り込みました。象の初っ端の安田くんパートの時の見たことない狂った表情、力強い歌い方、その全てに堕ちました。その表情みてからひたすら安田くんを追いかけてました。そっからずーーーっと安田くん。LIVE終わった後もこれでもかってくらい余韻抜けなくてもっとはやく好きになってればよかったって俺節見てからはもう言葉に表せないぐらいの安田くん愛が尋常じゃなくて抜け出せないどころかもう安田章大についてく!もう離れない!みたいなもう安田君中心に活動してる感じです、笑エイタメで堕ちて数ヶ月ぶりにあったのは安田くんじゃなくてコージそのものでそこではじめて安田くんの演技の凄さを目の当たりにして安田章大って改めて凄いな、もうついていくしかないな、って作詞作曲できてギターも本当に凄くて演技力も凄まじくてそのうえマザーテレサと言われるほどの優しさの持ち主でなのに天然だったり他の人とは違う安田くんの世界観があったり踊り上手だったり表情の魅せ方がいちいち罪すぎるところとかもう全部ひっくるめて好きで超簡単に表せば安田章大のすべてが好き。これからもどんどん好きがさらにまたさらに深まっていくんだろうな

一年前の今日エイタメに参戦出来たこと、関ジャニ∞安田章大を本気で好きになったこと、また、一年後の今日こうしてその時よりも好きが増して一年前の今日を振り返ってるこの時間、凄く幸せです。

来年は今日をどういう風に捉えてるのかな。

まだまだ人生楽しくなりそうな予感f:id:yasu_sho:20171217002237j:image