掛け持ちヲタクのひとりごと

ダブルしょうくんのヲタク

4月15日と自分の気持ち

2018年4月15日

本当はその日のうちに消化しきれないものを書きたかったけどそれはあまりにも無理だったから4月19日今現在の気持ちを書きます。

 

4月10日過ぎたあたりからすばる脱退の噂が流れてたけど気にもとめてなかった。4月14日その日はリア友のすばる担の子とお泊まりする約束してて元気が出るLIVEを見た。その時に一人でもいなくなったら関ジャニじゃないよねってあのすばる見てたら脱退はありえないよねって話してすばらじ聞いてすばる君がGR8ESTの告知したからやっぱ嘘じゃん脱退するなら告知しないもんって笑ってた。大倉君と高橋君を聞いてて初めて不安になった。それはみんなが不安に思った理由とおんなじだと思う。大倉君の言葉が意味深だったこと、大倉君の声が涙ぐんでた事、GR8ESTの宣伝をしなかった事、その時に安田くんがボクをここしばらく更新してない事をふと思い出して嫌な予感がした。そのあとすぐにTwitterをみたらみんながすばるの脱退なんてありえないってすばるがメンバーを語ってる動画、ソロで活動しても関ジャニのTシャツを着てる動画、すばるが下ネタ言ったりメンバーと楽しそうにしてる動画、関ジャニ∞っていうアイドルグループやってますって胸を張ってる動画、たくさんの動画を見た。それを見た時にやっぱり脱退はないって言い聞かせて布団に入った。でも不安は消えなくてもしもの可能性を考えて泣きそうになって大好きな安田担の子に深夜に電話した(超迷惑)それで安心してその後は気持ちいぐらいぐっすり眠れて朝9時30過ぎに起きた。そしたら関ジャニのファンクラブからメールが来ててそれを見た時にまた不安になった。でもどうしても脱退だけは考えたくなくて海外かな結婚かなそれとも大事になり過ぎたから否定してくれるのかなってその三択しか考えないようにしてた。でも11時までの時間が怖くてあまりにも1分1分が長く感じて耐えきれなくなって自分を安心させるために元気が出るSONGのメイキングを見てその後にすばると関ジャニ∞が楽しそうにしてる動画を見た。それを見て安心して大丈夫!って言い聞かせて11時になった瞬間に開いた。アクセス集中してしばらくの間開けなくてその時間が実際はたぶん1分も経ってないのに長く感じた。指が震えた。もしもを考えてはありえないって言い聞かせてその繰り返しだった。

 

その文が出た時私の目に”皆さまにお知らせしたい事があります”と15歳から21年間自分なりに音楽を追求してきました”の2つの文が目に飛び込んできた。間の”ジャニーズ事務所を引退します”という言葉は1回目見た時にはなぜか目に入ってこなかった。でもその2文見ただけで察した。だって否定するならそんな固くて重い文章にはならないはずだし海外行くなら渋谷すばるからのお知らせじゃなくて関ジャニ∞からのお知らせのはずだから、結婚だとしても音楽を追求したなんて文は普通書かない、もうそうなったら脱退しかありえない。たぶん一番目につくはずの引退するっていう言葉が目に入ってこないのは自分でそれを拒絶したから。脳がキャパオーバーになって受け付けなくなったんだと思う。私はその2文を見た瞬間すぐにホーム画面に戻った。そしてしばらくずっと開く事ができなかった、現実を受け止めたくなかった。やっと震えながらもう一度見るとそこには渋谷すばるの意志が書いてあって6人の応援する言葉が書いてあった。まず私はその文を読んで最低だけど嫌いになる直前までには腹が立った。腹が立ってでも涙が止まらなかった。すばるに対して自分勝手すぎる、今までの言葉はなんだったのって嘘つきだって。6人に対して何勝手に受け入れちゃってるの、なんで止めないの、無理矢理でも止めればよかったじゃん、関ジャニ∞の絆はどこいったの?何で前向けるの?すばる抜けるんだよ?なんで自分のために脱退した人を応援できるのって。本当に最低だと思う。

 

その後会見がやってる事を知って会見を見た。目真っ赤にしてるすばる君、明らかにたくさん泣いた顔をしてる横山君、そして普段の会見でそんな態度とったら絶対怒られるでしょってぐらい分かりやすいぐらい不貞腐れた態度をとってる大倉君。一見ふつうに見えるかもしれないけど目に涙が溜まってる錦戸君丸ちゃんとひなちゃんは比較的いつもと変わらないと思ったけどそんな事全然なかった。まるちゃん笑顔だった、だからお母さんに「丸ちゃんだけ笑顔だったね、1番納得してるのは丸ちゃんなんじゃない?」なんて言われたけどそれは違う。丸ちゃんは前にどうしていいか分からない時笑っちゃう癖があるっていう事を丸山担の子から聞いた。だから笑ってたのは前向きなんじゃなくてどうしていいか分からなくて心情ぐちゃぐちゃだからなんだと思う。ひなちゃんは誰よりも普通だったけどそれは普通を装ってただけ、それは会見を見てれば伝わってくる。安田くんはいなかったけどいたらどんな表情してたんだろうな、もしかしたらひなちゃんと同じぐらい普段と変わらない表情で出てきたかもな、安田くん常に自分の事は後回しにしちゃうから自分の感情押し殺しちゃうから。その姿見るのが一番辛いし苦しいからむしろいなくてよかったのかもしれないすら思ってしまう時がある。本人が一番出られなくて悔しくて一生引きずると思うのにごめんねそんなことまで考えちゃって。すばる君はもうとっくに決意決まって堂々と出てくるかと思ってた、でもすばる君は目真っ赤にしててだけどやっぱりすばる君のあのには目にははっきりした意志があってもう判断が変わる事はないんだなっていうのが伝わってきた、どんだけメンバーが説得しても意志を最後の最後まで曲げなかったすばる感、だけどつらかったことはみんな解いたからないって言ってバラエティ出るの嫌だったっていう質問に気持ちいぐらいの全否定してメンバーとの一番の思い出で47でもなくすばる君の大好きな音楽と大きく携わったメトロックでもなく楽屋なんて言うし。もう会見見る前までの苛立ちはなかったし責める気もなくなった。こんなに好きなのが伝わってきたから。6人はしつこいと思われるぐらいにみんな必死になって止めてて最後の最後までどうにかすばるを止められないかって粘ってた。今日の日が来て欲しくなかったって泣きながら言ってる横山さん、ファンが思っている事を質問にぶつけてくれていた6人、それは関ジャニ∞ではできない事なのか、すばる君の人生だけじゃない6人の人生も変わるそれを理解しても抜けるというのか、今ある恵まれた地位を捨ててまで海外に行くというのか大倉君なんて最初はすばる君の会見に出るつもりなかったすら言ってる。だけど自分勝手なすばる君を嫌いになれなかったって。

 

その通り。私も嫌いになれない。自分に正直だから思ったことは全部言っちゃうしそれによって人を苦しめる。どんなに人に文句を言われようがそれでも自分を貫き通す、一度決めた決意は絶対に変わらないんだね。嘘がつけない人。例え大好きな関ジャニ∞にでもそれを覆す事は出来ないんだね。苦しいよでも私達以上に6人が悲しくて苦しんでると思う。だってすばる君のために音楽を極めたと言っても過言ではないのにその音楽があまりにもかっこよくてプロ並みで色々な人に注目されたから関ジャムも放送されるようになったしメトロックにも出演した。だから音楽と直接触れる機会も増えた、その事はすばる君脱退に導いた理由の1つだと思うてか絶対そう。何度も考えた、関ジャムさえ放送しなければメトロックに出なければすばる君がここまで音楽を愛していなければって何度も憎んだ。でもやっぱり嫌いにはなれない。関ジャムがあったから色々な人と携わって楽曲提供もしてもらえたし私が好きな歌声もたくさん聞けた。メトロックがあったから関ジャニ∞のギャップの大きさを世間が知ってそれに魅了された音楽ファンが増えた。音楽があるから私は7人の声を聞く事ができるし歌声に惚れる事ができる。

 

ほら、やっぱり関ジャニ∞渋谷すばるも音楽も嫌いになんてなれるはずないんだよ悔しい苦しい切ない。まだ6人の関ジャニ∞は想像したくないし7人の関ジャニ∞を見ると泣く、歌もあんまり聞けないしやすば見ると絶対泣いてる。最初はほんとに迷った、応援できないかもなとすら思った。GR8ESTも買うのやめようって一度は決意したし(結局予約したけど)でも今まで関ジャニ∞にはたくさん救われてきたし幸せな気持ちにさせてもらった。だからこそ6人でも応援したい。応援しなきゃ。あんなに我儘に出て行っちゃったすばる君を許してあげて不安しかないはずなのにあんなに7人じゃなきゃって言ってたのに6人でやってくって決意してくれたんだもん。すばる君が抜けるなら俺も抜けるってならずにだったら解散しよってならずに頑張ってくれるんだもん。だったら私は6人の関ジャニ∞を見守らなきゃだし見守りたい。そして応援してファンでいたい。でもそうなるまではまだ時間がかかる。4日経った今だって仕事中に関ジャニ∞の事考えて泣きそうになるし夜寝る前にTwitter開いて動画見たら涙が止まらなくなる。ふとした時にやっぱり何で?って考えちゃうしすばる君に苛立ちが止まらなくなる瞬間もある。そんなんだから本当に受け入れるのには時間がかかると思う。それでも私は関ジャニ∞が好きで安田章大が好きで渋谷すばるが好きで丸山隆平が好きで横山裕が好きで大倉忠義が好きで錦戸亮が好きで村上信五が大好きなのには変わらないから。

 

好きになってよかった。

こんな苦しくなるぐらいならいっそのこと

好きにならなければよかった。

でもやっぱり好き。

好きになれてよかった。

 

f:id:yasu_sho:20180419085059j:imagef:id:yasu_sho:20180419140330j:imagef:id:yasu_sho:20180419140332j:imagef:id:yasu_sho:20180419140458j:imagef:id:yasu_sho:20180419140605j:imagef:id:yasu_sho:20180419140615j:imagef:id:yasu_sho:20180419140529j:image

 

f:id:yasu_sho:20180419140748j:imagef:id:yasu_sho:20180419140721j:image

 

 

f:id:yasu_sho:20180419141912j:imagef:id:yasu_sho:20180419142031j:imagef:id:yasu_sho:20180419141848j:image

 

 

 

 

自担じゃないのにこんなに語ってお前他担だろとか思う人も絶対いると思うけどどうにかしてこの気持ちを留めておきたかったし今の気持ちをぶつけたかったのでここに思ってることを全部書きました。そしたら気づいたらすばる君とこれからの6人の関ジャニ∞に対する事しか書いてなかった。不快に思った方はごめんなさい、

 

 

一年前の15日

ちょうど一年前のこの日わたしが初めて関ジャニ∞のLIVEに行き関ジャニ∞の沼にはまり安田章大を好きになった日でした。

参戦するまでは実はにわか中のにわかで今思えばこんな状態でよく参戦しようと思えたなっていうぐらいのレベルでした。

友達の友達にチケット譲ってもらっていったのですが私も一緒に行った子も関ジャニ∞のもう一つの”顔”を知らない状態で行ったのでもう初っ端から度肝抜かれまくりでした。

そのツアーについては以前思う存分語ったので今日はそれから一年後の現在の心境について気がすむまで語ろうかなと

 

ざっくり説明すると私はこの通り沼にずぶずぶに抜け出せないぐらいにはまりました。

友達はというともう私と同じぐらいずぶずぶにはまって毎日すばる君すばる君って日々脳内渋谷すばるで埋め尽くされてます、笑

一回のコンサートでこれほど抜け出せなくなるまでに溺れさせる関ジャニ∞恐ろしい、、、

実際メトロックきっかけに関ジャニの魅力に気づきそこから私と友達のような沼にはまった人たくさん見てきましたもん、

関ジャニ∞ってグループはつくづく凄いな〜

自分が関ジャニ∞、そして安田章大に堕ちた理由はやっぱり普段とのギャップが一番の理由だなって改めて思いました。

エイタメはじまってじわじわと沼にはまりつつありましたが関ジャニ∞に完璧に堕ちたと実感した瞬間はエイタメのバンドでした。

東京をあれだけdisる歌を力強く歌ってる関ジャニ∞を見て体全身に電気がビリビリって駆け抜けるというか痺れる感覚に陥りました。さらに象を聞いた時LIVEでここまで引きつけられる曲にであったのは初めてだと思いました。自分の好きだったグループの曲を上回る興奮になってとにかくはじめての感覚でした。また、そこで安田章大の沼に入り込みました。象の初っ端の安田くんパートの時の見たことない狂った表情、力強い歌い方、その全てに堕ちました。その表情みてからひたすら安田くんを追いかけてました。そっからずーーーっと安田くん。LIVE終わった後もこれでもかってくらい余韻抜けなくてもっとはやく好きになってればよかったって俺節見てからはもう言葉に表せないぐらいの安田くん愛が尋常じゃなくて抜け出せないどころかもう安田章大についてく!もう離れない!みたいなもう安田君中心に活動してる感じです、笑エイタメで堕ちて数ヶ月ぶりにあったのは安田くんじゃなくてコージそのものでそこではじめて安田くんの演技の凄さを目の当たりにして安田章大って改めて凄いな、もうついていくしかないな、って作詞作曲できてギターも本当に凄くて演技力も凄まじくてそのうえマザーテレサと言われるほどの優しさの持ち主でなのに天然だったり他の人とは違う安田くんの世界観があったり踊り上手だったり表情の魅せ方がいちいち罪すぎるところとかもう全部ひっくるめて好きで超簡単に表せば安田章大のすべてが好き。これからもどんどん好きがさらにまたさらに深まっていくんだろうな

一年前の今日エイタメに参戦出来たこと、関ジャニ∞安田章大を本気で好きになったこと、また、一年後の今日こうしてその時よりも好きが増して一年前の今日を振り返ってるこの時間、凄く幸せです。

来年は今日をどういう風に捉えてるのかな。

まだまだ人生楽しくなりそうな予感f:id:yasu_sho:20171217002237j:image

8年前を振り返って

今日は嵐のCDデビュー18周年です。

嵐さんCDデビュー18周年おめでとうございます㊗️

ということで今日は嵐の事を呟きたいなと思います。

-------------------------------------

私が嵐を好きになったのは今から8年前ぐらいの小学校三年生の時です。

お母さんの友達が集まった時にその中の1人が嵐の大ファンでDVDをたくさん持ってきて見してくれたのがまずはじめでした。

そこから徐々に"嵐"が出ているTV番組をみて小学校三年生の冬、サンタさんに5×10のLIVEDVD、自分の誕生日には5×10のPV集を買ってもらったの今でも覚えてます。その頃はもう小学校で翔くん翔くんうるさいヲタクの一員でした、笑

小学校六年生の頃から一時期48グループに浮気していた時期もありましたがそんな中でも気づいたら嵐を見ていたりゆるゆるだったものの完璧に離れることはできませんでした。

中学一年生で家族ゲームがきっかけでまた嵐嵐言うようになってそこからはずっと一途です。

今まで買ってなかったぶんの嵐のDVDを一気に集めて見ていなかったぶんの番組も番組も動画サイトでたくさん見てヲタクになったのはその時ぐらいかな〜

ガチヲタになったのは高校一年生です。

きっかけは自分に置かれた環境でした。

高校一年生の頃色んな事があり私はまわりを信じられなくなって気づいたら1人きりの環境でした。

そんな中支えてくれたのが嵐です。

嵐がいなかったら今頃どうなっていたんだろうってふと思う時もありますが毎回学校やめていただろうなという結論にたどりつきます。

そのぐらい私の置かれている環境は最悪でした。

毎日嵐の曲を聴いて癒されて毎日毎日が嵐でした。

その時毎日聞いていた曲が明日の記憶でした。

この曲は色んな意味が込められて今でもずっと私の1番好きな曲です。たぶんこれからも変わることはないと思います。

その話はまた今度いつかしたいなと、、、

9月に行われたBLAST in miyagiに行きその時初めて嵐を目の前にしました。

初めて嵐を見た時の感動はずっと覚えてます。

初めてだったり楽しかったのはもちろんだけどなにより自分に助け舟をだしてくれたという意味で今でも一番のコンサートです。

野外での果てない空を聴いた時なんとも言えない感情になりました。歌詞は元々素敵な歌詞だということは分かっていましたが生で聴くのとCD音源はやっぱり比べ物にならなくて生で聴いた力強くて優しい歌声、歌っている時の表情が私の に色々な感情を与えてくれました。一つは私自身が辛かったこと、自分にのしかかっていた荷が一気に軽くなったことです。もう一つは自分を変えなきゃと背中を押されたことです。

そのコンサートをきっかけにと言ったら笑われるかもしれないけど自分も少しずつ変わって味方してくれる子もでてきて自分が成長できたと思ってます。

二年生、三年生は自分が成長した事もあり楽しく自分を出せて過ごせています。

そんなこんなで嵐に支えてもらって助けてもらって背中を押してくれた人。そんな5人を好きになってからの8年間は言葉だけでは語りつくせない色んな思いが詰まってます。

好きなのはもちろん自分の命の一つだと思ってます。嵐は生きる糧で自分にとってなくてはならない存在です。私自身語彙力がないから普段は好きとかしかありきたりの言葉しか言えないけど本当に好きでは済まさない宝物の域です。

掛け持ちになって嵐に対する愛が薄れてるとか言われる事も多々あるけどそれは違います。

嵐には色々な思い出が詰まっていて昔も今もこれからも自分の精神安定剤で宝物で避けては通れない手放せない存在です。

掛け持ちになったからどうこうとかではなくそれはそれは掛け持ちでも掛け持ちでなくても変わりません。これからもずっと大好きです。

なんか重苦しい文になっちゃったけど自分の嵐に対する思いは思う存分書けたし掛け持ちになって言われるようになってモヤモヤしてた事もこの際言えたから後悔はしてません、笑

自分のことしか書いてない文を最後まで読んでくれた方ありがとうございました🙇‍♀️

 

とにかく私は昔も今もこれからも嵐がだいすきで嵐なしの人生は考えられません!!

掛け持ちになってもそれは絶対です。

18年目の嵐も楽しみにしてます!!!!!

これからも突っ走り続けてください。

どこまでもついていきます!!

 

f:id:yasu_sho:20171103232811j:image 

 

嵐ヲタが関ジャニ∞に堕ちるまで

私が関ジャニ∞に対して当時抱いてたイメージは【仲良いな〜、面白いな〜】程度でした。

そんな私が関ジャニ∞に堕ちた理由、きっかけは去年の冬のエイタメです。友達から誘われたのがきっかけです。

ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•

オープニングからヤクザ風の映像でそこから豹柄の衣装をかっこよく着こなしてNOROSHI歌ったかと思えばブリュレと浮世踊りビトですよ?ガチの踊りもできるなんて知らなかった私にとってブリュレは衝撃的だったし浮世踊りビトは特に丸山君の歌い方に翻弄されてました。ブリュレで関ジャニ∞はガチの踊りもできるということを見せつけられ、浮世踊りビトではとにかく丸山君の色気に無我夢中でした。普段丸山君のギャグや面白い姿しか知らなかった私にとって丸山君の印象が一気に変わった瞬間は確実に浮世踊りビトのラップ部分です。

 その後、初っ端のかっこいい曲からの挨拶だからもうギャップにキュンキュンでした。

あんなかっこいい曲歌ってた人たちが挨拶に入ると喋り方がものごつ可愛いんですよ!!!

大倉くんはふにゃ〜ってした感じの挨拶で癒されるし

丸山君の挨拶はTVでみてる笑い全開の丸山君なのに踊りビトの丸山君を数分前に見てたのでギャップに耐えてました。

すばる君は、正直あんまり喋らなくて笑わないでも、飛び抜けて歌が上手いイメージが最初強かったんです(最低すぎる、ごめんなさい)けど挨拶のすばる君は笑った姿も喋り方も赤ちゃんみたいに可愛いし!!!もう!!

安田君をちゃんと見るのは正直挨拶が初めてでした。今までは全体を見てた感じだったので、

挨拶初っ端声の高さにびっくりしたし背も小さくてぴょこぴょこしてて幼稚園児みたいで可愛いな〜っていうゆるい感覚でした。(今の状態でエイタメの安君の挨拶みたら絶対可愛い可愛い騒いでた癖に)

 そんなこんなで挨拶が終わって先ほどまでの衣装とは対称的なパノラマの可愛い衣装で登場した関ジャニがとにかく可愛いくて

カラフルなサロペットですよ?この衣装を違和感なくむしろ可愛い!って思わせる着こなし方する三十路アイドル他にいますか!?!?

この衣装の時はひたすら可愛い可愛い言ってました。

 エイトレンジャーの映像は、オープニングとおんなじシチュエーションなのにヤクザ風とエイトレンジャーそれが違うだけで全くの別物で関ジャニ∞の演技力の凄さを見せつけられました

エイトレンジャーはただただ面白くてずっと笑ってました。特にナスのくだりと扉のマジックがとにかく楽しかった!そして村上君の王様クリニックは面白いのにどこかかっこいいんですよね、、面白くてかっこよくて可愛い関ジャニ∞ってギャップの塊のアイドルだな、そんな風に思いました。(その時はまだ関ジャニ∞の本当の凄さに気づいてません。)

 そして関ジャニ∞の本当の凄さを知ったのはここからです。ここまででも関ジャニ∞の最初に抱いていた印象はがらりと変わりました。

でもまだまだ甘かったんです、むしろここからだったんです。

丸山君、安田君ユニット曲の【The light】

いや、あれなんですかほんとに

二人の歌声が綺麗すぎる。ハモりもソロ部分もとにかく最初から最後まで美しくてどこか儚い

今まですばる君の歌声が強く印象に残ってた私にとって静電気が全身駆け巡った勢いでした。

 今気づいたんですけどこのままのペースで話してると冗談抜きで5000字変えてしまう気がするのでここからは泣く泣く割愛しながら話していきますね(涙 

そして再びユニット曲のすばる君、横山君のハダカと大倉君、錦戸君のsteal your loveです。

ハダカを歌ってる時の二人がとにかくかっこよく見えました、あの服装なのにかっこいいって何事、、(出て着た瞬間笑ったこと後悔してますごめんなさいー!!!)

steal your loveのあの二人は本当にずるいですよね、イケメンにも程がある、、、The lightもそうなんですけど歌詞と世界観がリンクしすぎていて本当に関ジャニ∞の表現力の凄さったら、、

【black of night】

 この曲は関ジャニ∞の沼に落ちる寸前まで来てしまった曲です。

うまく言い表せないのが悔しいんですけどあの歌初めて聴いた時にとんかちで頭殴られたような衝撃でした。

かっこいい曲は前半やってたしその時点でキャーキャー言ってたんですけどそのかっこよさとは全くの別物なんです、なんていうかキャーキャー言うかっこよさではなく見入ってしまうその世界に惹きつけられるというか、、、

全員の表現力がとにかく凄まじくて力強い歌い方なのにわずかに漂う儚い姿に目が離せませんでした。

例えるなら海のなかなか深いところまで来ていたのがこの曲の最中に気づけばさらに歩き続けていて溺れていてまわりにはなにもなくてほとんど戻ることはできない状態まで来ていた(分かりづらすぎる、うまく伝えられなくてすいませんほんとに、、)とにかくこの曲は今までで1番の衝撃でした。

この曲を安田くんが作詞作曲振り付けまでしていることを知った時は開いた口がしばらく塞がらなかったです。。。

【Tokyo holic】

私が関ジャニ∞の沼から抜け出せなくなった1番の理由です。これ初めて聴いた時はもう抜け出せないところまで来たと確信しました。ただただステージでバンドして東京disってる7人が恐ろしく思いました。この歌は私を変えた歌です。関ジャニ∞を面白いだけのグループなんて思っていた私は本気で後悔しました。今まで見たことない表情でした。

安田くんもすばる君も横山君も村上君も大倉君も丸山君も錦戸君も全員が今まで見せたことない表情をしていました。関ジャニ∞のバンドってTVで披露されたのはこういう系統じゃなくてどちらかといえばぬるいなっていう感情を持っていたから世界が360℃変わったそんな錯覚に陥りそうになるぐらいの勢いで全身に電流がはしってさらにとんかちで頭を殴られるをくらった勢いでこの曲を聞いていました。

【象】

聴き終わったあと放心状態になりかけてたの、、もう無理、、抜け出せないってなってたのに最後の会心の一撃ですよこれ。この曲は最後の武器です、私の中でズゴゴゴドーンって雷が思いっきり落ちました。

ちなみに安田くんに完璧落ちたのはこの曲です。その話はまた今度、、、

例えるならblack of nightを聞いてあと一歩で溺れる沈むってなってたところにtokyoholicと象で見知らぬ誰かがおもいっきし背中を押してずぶずぶと沈んでいく、そんな感覚です。

そのあとはただただひたすら関ジャニ∞を目に焼き付けたくて歌声を聴き続けていたくてその空間が終わって欲しくなくて全てが終わったあと自然と涙が出てました。

嵐に対してもコンサート終わる時は会えないんだなって悲しくなって泣くことは数多くあったけどこういう感情は初めてでした。

自分にとってこのLIVEは一生忘れることのないLIVEだと思います。

 きっと関ジャニ∞って

【研いだ爪隠し牙を向く】

これは嵐のとある曲で使われている言葉なんですけど関ジャニ∞は、どこのグループよりもこの言葉がぴったり当てはまるアイドルだと思うんです。

関ジャニ∞はどのグループにも持ってない強みをたくさん持ってる。

バンド•作詞作曲能力はもちろん底知れない表現力、歌による物語をここまで繊細に作り上げるグループは関ジャニ∞のどこにも負けない強みだと思います。

関ジャニ∞は、観た人を一瞬で夢中にさせるとんでもない才能を隠し持っている、けどそれを知れるのはファンだけ。もっといえばファンしか知る機会がなかったんだと思います。

これはあくまで私の独断的な考えですが、関ジャニ∞は関西組だし関西といえば面白い、だからこそ世間のパブリックイメージ的にも面白い路線が強かったんだと思います、

だからメトロックに出演した事は関ジャニ∞にとって大きな転機であり自分達のパブリックイメージを覆す大きなステージ、また初めてみたバンドファンにとっても衝撃的な出来事だったと思います。そしてもちろんファンにとっても関ジャニ∞がロックバンドで出演する事はプラスになると思っていたと思います。さすがに完全なチケットが売り切れた状態での出演決定は完全アウェーすぎて不安でしたが、、、

でもやっぱり関ジャニ∞はやってくれました。

実際にメトロックをきっかけにファンになった方はたくさんいます。

私ももし、関ジャニ∞のLIVEに行っていなければきっと魅力はもちろん関ジャニ∞の底なしの恐ろしさを知ることもなかったと思います。なにしろ知る機会がなかったから。だから誘ってくれた友達には頭が上がりません本当に、、、関ジャニ∞を知れて出会えてよかった。心の底からありがとう。

ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー•ー

そこからは、関ジャニ∞の過去の番組を観たり過去のLIVEDVDを買ったりたくさん調べて関ジャニ∞を知る毎日です。

そして知れば知るほど好きになっています。抜け出せる手段はないと思うしそもそも抜け出すつもりも更々ありません。

これからもド新規なりに関ジャニ∞と向き合って関ジャニ∞を愛していきたいと思います。

長すぎる文を読んでくれてありがとうございました。

安田くんの話もしたいけどそれは長すぎるのでまた今度。

 

 f:id:yasu_sho:20170923181042p:image